歯の黄ばみの原因は日常に潜んでる!?

毎日きちんと歯磨きしているのに歯の黄ばみが気になることってありますよね。

歯磨き粉を使ってキレイに磨いているのに全然効果がない。

そんな人は、自分でケアをしても対処ができないかもしれません。

一般的に黄ばみの原因となるのがこちら。

・飲み物
・食べ物
・タバコ
・歯石
・歯周病
・虫歯
・加齢
・もともとの歯の色

よく言われるのが、ステインやカフェイン、ポリフェノール。

お茶やワイン、コーヒーやチョコレート、カレーなどでも着色します。

また、タバコのヤニも原因になるので、それぞれに合った歯磨き粉を使うと効果的なのですが、研磨剤で削っているだけだと、そこの傷にまた汚れが入り込んで悪循環になります。

最近では歯磨き粉アリートのように研磨剤不使用のものもあるので、継続して使うなら不使用なものを選びましょう。

また、定期的に歯医者でクリーニングしてもらう方が歯への負担も減らすことができます。

そして、人は加齢によっていろいろ変化がありますが、歯の色も黄色く見えるようになります。

これは、エナメル質が摩耗しているので内側の象牙質の色が見えているので、自分で白くすることはできません。

同じように歯の色も、もともと黄色っぽく見える人もいます。

この場合は、自宅で歯磨きで改善するよりもホワイトニングを歯科医に相談するほうが良いです。

歯の黄ばみが改善できずに高いホワイトニング用歯磨き粉を使いまくるなら、まずは自分の原因を知って効率良く改善していきましょう。